夏期保育

昨日から夏期保育が始まりました。
今日は二日目、すいかわりをプールの合間に行いました。先生と一緒にすいかめがけて「えいつ!」なかなか割れないすいかでした。そして、先生が切り分けてみんなでいただきました。ちょっと苦手な子どもたちもいましたが、大好きな子どもたちは、最後の最後まで美味しそうに食べていました。

お泊り保育二日目あ~楽しかったね~

お泊り保育二日目の朝。
まだ物憂い眼をしてあっちでこっちで起き上がる子どもたち。前日の疲れが残って、動きがゆっくりな子、元気が有り余って、朝から活発に動き回る子。それぞれの夜を過ごして、二日目のスタートです。
身支度を整え、自分たちが寝たおふとんをえっちらおっちら片付けました。
小雨模様だったので、お部屋の中でいつものスタイルで礼拝を行いました。
礼拝を終えると、朝ごはんの準備。今日まさにお誕生日のお友だちのお祝いもして、おにぎり朝食でお腹いっぱいになりました。
そして、お泊り保育の最後のお楽しみは、泥んこになって思い切り遊ぼう~でした。部屋の中では、昨日見てきた水族館でのひとこま。イルカショーを再現しての工作もして、自分たちの経験を豊かに再現していました。
楽しかったお泊り保育も終わりを迎え、お迎えにみえたお家の方にスライドショーで報告会をして、元気に帰って行きました。
「また、おとまりほいくしたぁ~い」えっ?疲れがピークに達した先生たちは固まっていました。

~どきどきわくわく~お泊り保育一日目

今日は、年長青組さんが待ちに待ったお泊り保育でした。
朝、市役所駅に集合して、地下鉄に乗って水族館に行きました。いろいろな海の生き物を見て、イルカショーも見て、楽しい時間を過ごしました。
幼稚園に戻ってからは、美味しいアイスクリーム屋さん、それぞれトッピングをして食べました。
夕食までの間もジェスチャーゲームなどして、疲れも知らず楽しんでいました。
お楽しみの夕食は、みんなのリクエストのメニュー。なぜだかまるで毎年恒例の様なメニューは、中華料理の様。先生たちは中華料理のシェフに扮してサービスしました。
その後はキャンプファイヤーならぬキャンドルファイヤーで大いに盛り上がり、しめくくりの花火も見て、楽しいプログラムはおしまい。
お風呂に入っておやすみなさい!でも、今年はなかなか寝付きませんでした。子どもたちを楽しませるために一日中ハッスルした先生たちの疲れもピークに達して、一日目の夜は更けていきました。

思いっきり

このところ気温が上がらず水が冷たいので、今日はプール遊びはちょっと止めて、思いっきり水をかけあって、泥んこになって遊びました。
今日だけ特別に、子どもたちにもホースを持たせて、先生にも水を浴びせていました。砂場でもどろどろを作って遊んだり、水浸しになった園庭のあちらこちらの水たまりで、泥んこになって遊んだりしました。
思いっきり遊んで発散して、子どもたちは大満足?着替えに入ってきた先生が、「あ~、もっとやりたいよう~」と、まだ物足りないって?と残念そうに子どもたちのところへ戻って行きました。

高校生の職業体験

昨日から明日まで市邨高校の1年生が職業体験に来ています。初日の朝は緊張して固まっていましたが、誠実に一生懸命子どもたちとかかわる姿にとても好感が持てます。一人は将来保育の仕事に就きたいとのことで、初日からとても意欲的に過ごしていました。ここでの経験をいい機会にし、夢に向かってこれからも頑張って過ごしてほしいなと思います。

たんぽぽ組でも水遊び

今日は、たんぽぽ組でも水遊びを行いました。2階ベランダに水遊び用のたらいを並べて、小さなバケツやかわいい水遊び用のおもちゃを使って、ぱしゃぱしゃと水の感触を楽しみました。久しぶりのお日様で、ちょっと気温も上がったので、心地よく過ごせました。見守るお母さんたちはちょっと大変でしたね。

土俵作り見学

今日は年長組が、愛知県体育館まで土俵作りの見学に出かけました。
ちょっと心配な曇り空、予想外にいつ雨が降ってくるか怪しい空模様になり、急遽メール連絡でお家の方にレインコートを持ってきてくださいのお願いをしました。本当に急な事でごめんなさいでした。にもかかわらず、多くの方がもってきてくださり、中にはお友だちの分まで貸して下さった方も見えて、本当に本当に助かりました。そのおかげで、帰り道、急遽降ってきた通り雨にも、急いでレインコートを着て、無事凌ぐことが出来ました。体育館で見てきた土俵の様子は、ふ~んという感じで。中にはおすもうをとっているのを見られると思っていた子どもたちもいて、ちょっと残念~でした。

七夕かざり

6月の終わり頃からそれぞれのお部屋では、七夕かざりが作られていました。毎年それぞれ工夫していろいろなかざりを作ります。
一昨日夕方、大きな大きな笹が2本届きました。それに、お部屋に飾っていたかざりを、その大きな笹につけました。こよりはなかなか思うように扱えないので、随分苦労していましたが、一生懸命結んでいました。大きな笹は遊戯室の窓の所に取り付けられました。
それぞれの願いを書いた短冊、毎年子どもたちの思いが微笑ましく綴られます。「○○になりたい」「○○がほしい」極めつけは「竹島水族館の磯で危険生物に会いませんように」なんて具体的な・・・そんな中、「ままのやくにたちたい」泣ける~

プール参観

今日は、プール参観を行いました。
なかなか雨模様の日が多く、安心してプール遊びを行うことが出来ない日が続いていました。今日は、梅雨の合間、なんとかお天気ももって、無事にプール参観を行うことが出来ました。
体操の先生の指導によって、子どもたちの元気いっぱい水と戯れる姿を見ていただけました。ちょっと水の苦手な子も、先生の指導とお友だちの楽しそうに遊ぶ姿に触発されて、少しずつ少しずつ水に慣れていきました。
お部屋に入って、ちょっと着替えの手伝いをすると、年少さんも、一生懸命自分なりに頑張って着替えをしていました。裏返しになったくつしたと格闘している子、シャツを前後ろに着てしまう子、あちらこちらで助けての声があがります。
4月入園当初から、結構な頑張り屋さんの子どもたちでしたが、集団の中でまたひとまわり逞しくなってきた子どもたちでした。

講演会(絵本の会)

今日は、子育て支援の講演会を行いました。絵本の会として、名古屋柳城短期大学より教授の村田康常先生をお招きして、絵本と共に過ごす子ども時代~ご家庭での絵本の時間~のテーマでお話を伺いました。
あいにくの雨模様で欠席の方も多くなり、とても残念でしたが、そんな中ご参加くださった方々は熱心にお話を聞いてくださっていました。お話の間、子どもたちは、先生のゼミの学生さんが託児をして下さって、小さな子どもたちにちょっとどきどきしながら一生懸命かかわってくれました。将来保育者として立つために大学で学んでいる学生さんたちなので、かわいい子どもたちの姿に笑顔が溢れていました。
休憩時間も、先生のご持参下さった絵本を手に取って、熱心に質問したり、改めてお母さんたちの絵本に対する関心の高さを感じました。