いのちの授業

今日は、一宮の「生」教育助産師グループの「OHANA」の先生方に、年長親子と保護者の方々や、近隣の方を対象に、「いのちの授業」を行っていただきました。ここ3年続けている講演会で、かけがえのない「いのち」について学びました。
年長児は、どんな風に自分がお母さんから生まれてきたか、どんなに大変な思いをして自分を生んでくれたのかを学びます。そんな大変な思いをして生んでくれたお母さんに感謝すると共に、けっして偶然ではない出会いと深い愛情によって生まれてきた、かけがえのない自分のいのちの大切さを感じました。
そして、保護者の方々にも、出産の時の思いを振り返り、子育ての大変さや悩みを払しょくするひと時となってくれればと、お話をしていただきました。いろいろな思いを抱え、悩んでいらっしゃる方もみえ、涙をぬぐわれる姿もありました。
出産を控えた職員も参加し、いのちの神秘と、これから向かう尊い仕事に、心を動かしていました。

積み木遊び

今日は、久しぶりの「積み木遊び」でした。1月は雪が降って中止になったので、本当に久しぶりに、積み木の先生と一緒に楽しみました。
今日は、三角お山に立方体・直方体そして、直角二等辺三角柱や長板を使って、大きな三角を作りました。そこに、穴をあけて、長い棒をおろして、ケーブルカーを作りました。子どもたちはケーブルカーの駅をそれぞれ工夫して、どんどんイメージを広げていきました。あっちとこっちのお山をつないで、ケーブルカーを走らせたり、時間を忘れて楽しみました。
年長組は、最後は積み木もプレイカーペットも、自分たちで力を合わせて、全部片付けることもできました。先回は10月、運動会の終わったあとでしたが、それからずいぶん時間がたって、年長組の子どもたちは本当に大きくなりました。

思い出発表会

今日は、子どもたちと先生たちが一生懸命準備してきた「思い出発表会」でした。子どもたちは、どきどきしながらも、自分の持っている力を発揮して、素敵な姿を見せてくれました。
年長組の合奏から始まり、年少組の楽しい劇と合奏。満三桃組のかわいい姿にほっこりしました。そして、年中組のオペレッタ仕立てのブレーメンの音楽隊は圧巻でした。最後は、年長組の思い出をたどる、ペープサートで、一年を振り返りました。
大きな行事を経て、少しずつ成長した子どもたちと、また明日から、三学期しめくくりの時を過ごしていきます。

ちょっとだけど雪遊び

昨日の天気予報通り、昨夜からの雪で、園庭は真っ白になりました。今日は朝から、ちょっとだけうっすらと雪化粧した園庭で、楽しい雪遊びが行われました。
時折冷たい風が吹く中、子どもたちは寒さもなんのその、朝の支度を済ませると、元気に園庭に飛び出してきました。本当にうっすらと積もった雪をかき集めかき集め、友だちや先生に向かって投げたり、小さな雪だるまを作ったりと、束の間の雪遊びは、大盛り上がりでした。そして、築山にできた雪の滑り台で、ダンボールを使ってそりすべり。少ないけれど、低温で見事に凍った雪は、とってもよく滑りました。
大喜びで遊んだ雪は、あっという間に溶けて、午後にはどろどろになってしまいました。

氷ができてる

今日は朝からとても寒くて、園庭のすみっこに、氷が出来ていました。雨の後はよく水たまりができるその場所は、朝は日陰になっているので、寒い時は氷になります。この寒さで、今日の氷はけっこうな厚みがありました。
子どもたちは氷を見つけると、歓声を上げ、手に手に取ってはあちらこちらに運んでいきます。今日はみんなでイチョウの木下に置いてあったテーブルの上に集めて、スコップでこなごなに砕いて、かき氷を作っていました。
天気予報では、お昼過ぎから雪?寒い冬も、子どもたちにとっては、自然のプレゼントが楽しみな季節です。

マラソン大会

今日は、お天気が心配されましたが、無事予定通り「マラソン大会」を行うことができました。
朝の体操の後、一年間を通してずっと園庭を走ってきました。年が明けてからは、主税町公園へも出かけて行って、ちょっと長い距離を走る練習も行ってきました。
準備体操をして、クラスごとに順番に走りました。途中で転んでも、泣かないで、最後まで頑張って走ることができました。最後の年長組は、公園を2周。長い距離でも、あっという間に走り抜けてゴールしました。
一人ひとり、先生たち手作りのメダルをかけてもらってご満悦。応援に来て下さったお家の方に、嬉しそうに見せていました。幼稚園に戻って、ご褒美のおしるこもいただいて、午後も元気に遊びました。
明日から、もっともっと寒くなるって。みんな風邪をひかないように、強い身体で、この冬を乗り切りましょうね。

たっちゃんの紙芝居

今日は、ひかりの子父母会が「マーガレット一家 たっちゃんの紙芝居」を呼んでくださいました。以前にも来ていただいた、楽しい楽しい紙芝居で、朝から楽しみにしていました。いつも先生たちがする紙芝居とは一味違って、立体的に表現していきます。たっちゃんは「アナログ3D」とおっしゃっていますが、まさにその通り!紙芝居をいろいろな小道具を使いながら、豊かに表現していきます。子どもたちとの掛け合いは絶妙で、子どもたちも大喜び。あっという間の1時間でした。楽しい時間をありがとうございました。

おもちつき

今日は、楽しみにしていた「おもちつき」を行いました。昨年度は雪で、予定通りみんなで行うことができませんでした。今年は寒かったですが、お天気の心配はなく、無事予定通り行うことができました。卒園生や、小さなお友だちや、たくさんの方々が園を訪れてくださり、楽しいひとときを過ごせました。体操の先生や、チャイルドさん、お父さんやお母さん、お手伝いくださってありがとうございました。

三学期始りました

今日から、三学期が始まりました。登園するなり、「あけましておめでとうございます!」と、みんな元気に門のところで挨拶してくれました。始業式には、保護者の方々も参加して下さり、一緒にお祈りして始まりました。
式後、クラス懇談の間には、先生たちが子どもたちの為に楽しい劇を準備して、子どもたちは、新年早々大笑いして、楽しい時間を過ごしました。久しぶりの給食も、美味しくて、年長組は勿論完食、午後も、今日はちょっぴり暖かかったお日様の下、のんびり遊んで帰っていきました。

「110番の日」イベント参加

昨日は、「110番の日」にちなんで年長組の8名が、栄のオアシス21で開催されたイベントに参加してくれました。警察官の服や帽子を着けて、ステージ上で標語を言ったり、歩いている方々に、防犯対策のファイルを配ったりしてくれました。「事件・事故・緊急事案は110番」などという、大人でも口が回らないような難しい標語を、元気に言ってくれたのにはびっくりでした。どうやらお家の方と事前に練習までしてくれていたようです。白バイに乗ったり、コノハ警部と写真を撮ったり、寒い中参加していただいた子どもたちとお家の方に感謝です。