クリスマスの準備

今日から12月。幼稚園のお部屋の中はクリスマスの準備が始まっています。
イエス様のお誕生の場面や、聖句、そしてアドベントカレンダーもツリーで始めました。
そして週明け子どもたちの目は幼稚園の玄関ホールにで~んと聳え立つクリスマアスツリー。最初は電飾だけの飾りでしたが、「ちょっとさみしいね」と子どもたちと先生と一緒に順次オーナメントを飾り付けています。
今日は、好都合で体操の日。ツリーの高いところにはなかなかなか飾れないので(だってで~んと聳え立っているのですから・・)ここぞとばかり体操の先生に高い高いをしてもらってツリーのてっぺん近くにも飾り付けることができました。子どもたちは大好きな体操の先生に抱っこならぬ高い高いをしてもらってとても嬉しそうでした。先生?トレーニングになったかなぁ?

 

 

 

とにかく楽しい

11月最後の一日。朝から曇ったり晴れたり。
お昼ご飯の後には、穏やかな日差しの下、子どもたちは園庭で思い切り遊びました。あちらこちらで思い思いに子どもたちの遊びが繰り広げられ、いかにも楽しそうでした。園庭中の土?砂?はどこもかしこもさらさらで、触ってみるととっても気持ちがいい。そんなわけで、子どもたちは地べた?に座ったり寝転んだり思う存分楽しんでいました。

収穫感謝礼拝

今日は教会で収穫感謝礼拝を行いました。先週から教会での礼拝が続いています。今日は子どもたちがお家からお捧げ物を持ってきて神様の恵みに感謝する礼拝を行いました。農家の方々が一生懸命働いて作られた野菜や果物を神様が守り育てて実りの秋に収穫されました。いただいた恵みに感謝して分かち合うことの大切さ、みんなが大人になった時この世界中で食べ物がなくてお腹が空いて困っているお友達がいなくなるような世界になることを願ってお祈りしました。
お捧げいただいた食べ物は、お家がなくて、お仕事もなくて、困っている方たちの為に尊い働きをされている福信館にお届けしました。

幼児祝福式~年長組~

今日は年長組の幼児祝福式を行っていただきました。昨年来チャプレンには無理を言って分散で礼拝を何度も行っていただいています。
イエス様が特別に子どもたちを招き祝福してくださったように、チャプレンから一人一人手をおいて祝福をいただきました。
「幼子のようにならなければ神の国に入ることはできない」と弟子たちを諭されたイエス様。お父さんお母さんの手を借りて守り育てられていることに感謝し、困ったときにはちゃんと神様がいつも見ていて助けてくださるから心配しなくていいんだということ。自分たちもその愛を受けて困っている人を助けようと。チャプレンから大切なお話を伺いました。
まもなく幼稚園はクリスマスを迎える準備を始めます。その準備のために、年長組は保護者同伴でこの祝福式に参加し、保護者の方は祝福式の後にチャプレンからクリスマスの準備のお話を伺います。
キリスト教保育の幼稚園にとって、大切な季節が始まります。

歯科検診

今日は子どもたちがちょっと苦手な歯科検診を行っていただきました。
先週は内科検診で子どもたちはお医者さんの前に立ちました。
例年6月には行っていただく検診ですが、昨年度に引き続きコロナ禍で時期をずらして行っていただきました。
歯科医さんは幼稚園のはす向かいの林歯科の先生で、ずっと以前にはこの園にお子さんを通わせていただいていたそうで、卒園児のお父さんということで、ずっとお世話になっています。
本当に一人一人丁寧に診ていただいて帰りにはやさしく子どもたちにお声をかけてくださったり、表情はおじいちゃん。(おっと失礼)子どもたちも優しい先生に親し気に寄っていきました。
口を開けて診ていただくのは子どもたちにとってはちょっと恐怖だったりするので、今朝は緊張気味の子どもたちが何人もいました。なので検診を終えるとほっとしたように解き放たれて元気に外で遊んでいました。

幼児祝福式~満三・年少・年中~

今日は満三~年中組の子どもたちの幼児祝福式を行っていただきました。以前は全園児みんなで一緒に行っていましたが、昨年来コロナ感染予防でいろいろなことを分散で行っています。しかもクラスごとに行っていただいたのでチャプレンは3回も礼拝を行ってくださいました。
イエス様が子どもたちをとても大切にし、特別に愛して招いてくださったことを覚え、神様からの祝福をチャプレンの手を通していただきました。大きくなったこと、いつも神様が見守ってくださっていることに感謝してお祈りしました。

秋祭り

今日は、子どもたちが楽しみにしていた「秋祭り」を行いました。
昨年度は残念ながらコロナ禍で開催できずに残念でしたが、今年度は感染者数も落ち着いて、それでも万一を考えての分散形式で3部に分かれて行いました。
園舎内は作品展のように子どもたちの作品が飾られ秋の雰囲気満載です。輪投げやくじびき・魚釣りなど縁日さながらに楽しいゲームコーナーで子どもたちは楽しみました。また、動物コマにペインティングしたり折り紙コーナーでお家の方と一緒に折り紙を折ったりと短い時間でしたがそれぞれ楽しんでみえました。それと一昨年度もあった「ぼよんぼよん」の景品を嬉しそうにぶらんぶらんさせながら帰っていかれました。
園庭でも、ずっと開催できなかった園庭開放としてあたたかな小春日和の穏やかな日差しの下で、外遊びを楽しみました。
その後は、どうやら第二園庭ならぬ主税町公園に移動していったようでした。主税町公園も大賑わい!

青組歯みがき教室

今日、青組さんは東保健センターの方に食事の栄養の話と歯みがきについての話を聞きました。「朝ごはん食べてきましたか?」の問いかけに元気よく手を挙げ、アカレンジャー、ミドリレンジャー、キイロレンジャー、の3色の食品群がみんなの体を元気にするという紙芝居を見ました。朝食もバランスよく食べましょう、というお話でした。次の「朝ごはんの後、歯みがきしましたか?」の質問では、正直に手を挙げていない子どもも。そして歯を汚すミュータンス菌のこと、歯みがきの大切さ、歯みがきの方法も教えてもらいました。フッ素入りの歯みがき粉を使ったら、その後のうがいは・・・1回でいい!そうです。「ぼく10かいもしていた」と反省していた子どもたち。正しい歯みがきの方法も学んで、これから生え変わってくる永久歯も大切にしたいですね。

穏やかな・・

昨日TVでも放送されていたように、幼稚園の園庭の金木犀も今年は二度咲きしています。月曜日朝出勤するとどこからともなくいい香りが・・・おやっと見るとまさかの金木犀がオレンジ色の花をつけているではありませんか。本当にびっくりでしたが、TVの報道によるとそんな二度咲き三度咲きも気候によってはあるのだと。大好きな花の香りに包まれてほっこり穏やかな気持ちになりました。
そんな中、園庭では子どもたちが山を削って川を作り、水を何度も運んでは池を作っていました。水道から何度も何度もバケツで水を運んで根気よく流すその水の勢いに歓声が上がり、本当に楽しそうに遊んでいました。
こんな穏やかな時間が子どもたちの心を豊かに育んでいくことでしょう。

どんぐりひろい(青組、黄組)

名城公園へ青組、黄組はどんぐりひろいに出かけました。昨日の夜、風が吹いたのでさらに新鮮などんぐりが大量に落ちていました。丸くて大きいどんぐり、細いどんぐり、小さい赤ちゃんどんぐりと形もいろいろ。そして帽子ありのどんぐり、帽子だけなどなど。今日はたくさんおみやげを持って帰りました。そのままだと中からどんぐり虫が出てきますから注意してくださいね。