‘さいきんのできごと’ カテゴリーのアーカイブ

最初の給食

2022年4月12日 火曜日

 

 

 

 

 

今日から早速の一日保育。朝から初夏の陽気で子どもたちはたっぷりと園庭で遊びました。
思ったより朝の登園はスムーズでもう少し泣くかな?と思いきや、身支度を済ませるとそれぞれが思い思いに遊び始めました。きっと泣くと思って送ってみえたご家族に「意外に大丈夫だった」と報告。少し安堵して帰って行かれました。でもね、実は明日なんです。今日の一日を経験した子どもたちが「こんなはずじゃなかった・・・」との思いで明日の朝の登園はちょっと覚悟です。
初めての給食も食べて、午後も汗だくになって遊んで力尽きた子どもたちが、帰りは涙の大合唱でした。

2022年度入園式

2022年4月11日 月曜日

今日は2022年度入園式を行いました。
朝からおめかしして、ちょっと緊張と興奮気味の子どもたち、満三歳児クラスカラノ進級児17名と、2歳児教室からと新しお友達14名を迎えて31名の賑やかな入園式でした。
明日からは、お家の方と離れての集団生活が始まります。期待と不安とどんな姿で登園してくるのでしょうか。みんなで待っています!

2022年度始業式

2022年4月8日 金曜日

今日は2022年度始業式を行いました。
学年ごと3回に分かれて行いました。満三桃組も今日から2名のお友達を迎えて、年少赤組と一緒に行いました。年中黄組と年長青組はそれぞれ保護者の方も参加していただいて、式のあとにはクラス懇談も行い、年度初めに当たっていろいろな説明もさせていただきました。
今までのメール配信からいろいろな連絡等もできる「れんらくあぷり」に変えて欠席や申し込みもそちらから行うことなどお話しました。
久しぶりの幼稚園でしたが、子どもたちはちょっぴり緊張感とそしてそれを上回る期待に、大きくなった喜びを抱えて登園してきました。今日はあっという間の半日でしたが、久しぶりに会ったお友達と門前で抱き合ったり、小さな弟を「ここであいさつするんだよ」とお兄さんになった姿を見せてくれていました。
月曜日には年少赤組さんの入園式を改めて新入園児と共に行います。どんな顔をして登園してくるのかなと、楽しみで仕方ありません。きれいなお花を準備して待っています。

2022年度が始まりました!

2022年4月1日 金曜日

今日から2022年度がスタートしました。
幼稚園の園庭は桜がほぼ満開に、みんなの大好きなジューンベリーもかわいい白い花をつけています。そして、園芸部長が子どもたちと丁寧にお世話を続けてきた花壇のお花が色とりどりに咲き誇っています。子どもたちと植えたちゅうりっぷが見事に咲きました。
先生たちはそれぞれ準備を進め、みんなの来るのを待っています。
毎日「幼稚園はまだぁ?」と首を長くして待ってくれているお友達とお母さん、もう少し待っててくださいね。

2021年度修了式

2022年3月23日 水曜日

今日は2021年度修了式を行いました。神様に守られて無事にこの一年を過ごせましたことを感謝します。

この春休み子どもたちが安全に過ごせ、また4月に元気に幼稚園に帰って来てくれることを祈ります。

また、今年度限りでこの園を去り、新しい働きの場へと旅立たれるチャプレンと先生のこの先の歩みの上にも神様の豊かな祝福と光が注がれることを願います。

たか~いたかい!

2022年3月16日 水曜日

今日は体操の先生との最後の体操の日でした。
暖かな汗ばむほどの陽気の中、外で元気に体操をしました。最後には、ご褒美?のたか~いたか~いをしてもらって、子どもたちは大興奮でした。先生にとっては大勢の子どもをウエイトリフティング?すごいトレーニングになったのでしょうか。
ところが一人、そのたか~いたかいが怖くって、尻込みをしている子どもがいいました。すると、そのお友達のところにすっと寄っていって、「だいじょうぶだよ・・」とこわくないからと誘っている子がいました。そして、やさしくその子を促して先生の所に連れていき、ちょっと低めにしてあげて・・とでも言ったのでしょうか、ちょっとゆるめのたかいたかいをしてもらって一緒に部屋へと入っていきました。
なんともやさしい、なんとも素敵な光景を見ました。担任曰く、その子は誰にでも分け隔てなくやさしく困っている子に手を差し伸べる素敵なお友達なんだそうです。

第120回卒園式

2022年3月15日 火曜日

今日は柳城幼稚園第120回卒園式を行いました。
35名もの卒園生が今日幼稚園を巣立っていきました。朝はちょっと曇りがちな空も、式が終わるころにはとても暖かな日差しの中の旅立ちとなり、子どもたちの未来を祝福しているようでした。
おめでとう!これからも神様の光の中を歩いていってくださいね。

最後の外遊び

2022年3月14日 月曜日

今日はいきなりあったかくなった園庭で、年長青組さんは最後の外遊びを楽しみました。
満三桃組から年長青組まで、本当にたっぷりとゆったりと楽しんで、未明に降った雨でほどよく泥んこになり満喫しました。黄組の女の子たちがフェンス近くの水たまりで、泥団子をせっせと作っていました。「いくつあるの?数えてみたら?」となげかけてみると、たくさんの泥団子を一生懸命数えてどうやら100を越えていたとかいないとか(多分違う・・・)
汗ばむほどの陽気で、ほっぺたをまっかにした子どもたちがごくごくと美味しそうに水筒のお茶で喉を潤していました。
最後には園庭で年長組さんが並んで「365日の紙飛行機」を披露してくれて、年中以下の子どもたちは聞き入っていました。
いよいよ明日は卒園式、晴れの日を迎えます。う~んさみしいなぁ・・

お別れ会

2022年3月11日 金曜日

今日は年長組とのお別れ会を行いました。3つのグループに分かれて一緒に礼拝をして、ゲームをして、プレゼントをして、楽しいひと時を過ごしました。
今朝門の所である年中組の男の子のお母さんが、大好きな年長さんともうすぐお別れだと知って、今朝から号泣だったと伝えてくれました。早速その直後に登園してきた年長組男児、そのことを伝えるとちょとはにかんで、照れくさそうにしていました。
子どもたちの目にはあこがれの年長組さん、もうすぐお別れってやはりさみしいですね。

年長組卒園礼拝&思い出発表会

2022年3月10日 木曜日

今日は年長組の卒園礼拝と延期していた思い出発表会を行いました。残念ながら卒園礼拝の写真は撮れませんでしたが、チャプレンからお話を聞いて一人一人祝福をいただきました。そして卒園のプレゼント「聖書ものがたり」を授与しました。これからも、神様に守られて光の中を歩んでいけるようにと・・・

その後は、場所を幼稚園に移して思い出発表会を行いました。全員で合奏をした後、グループ発表ということで、なぞなぞ、マジック、ペープサート、劇と紙芝居のコラボと、盛りだくさんでした。それぞれ衣装を作ったり小道具を作ったり、子どもたちのアイディアを先生たちが取りまとめて、発表へとこぎつけました。最後にはみんなで「365日の紙飛行機」を振り付きで披露しちょっとうるっと涙を誘われました。子どもたち素敵な姿が輝いた一日でした。