いちょうの木で

ペイジェントの衣装合わせの午後、午前中のちょっと緊張感から開放されて、子どもたちは元気いっぱい外で遊びました。
今年は遅くに色づいたいちょうの木の葉が、ちょっと強めの風に、黄金色の雪の様にはらはらと舞い落ちて、園庭をじゅうたんの様に敷き詰めていました。子どもたちは、きれいな青空を見上げながら、舞い落ちるいちょうの葉に戯れて遊んでいました。
そんな子どもたちの様子を見た先生たちが、大きなビニール袋に葉っぱを集める競争を仕掛けると、子どもたちは運動会の様な勢いで、大はしゃぎでいちょうの葉を集めていました。思い切り発散して楽しんだ後、部屋に戻って帰りの支度をしている間に、またまた意地悪な北風がいちょうの葉を落とし、園庭はあっと言う間にもとのもくあみ?でした。